パワハラ上司は本当に困ります

最近は、会社の命令が、黒を白と言えば、そう従わざるをえないケースが増えています。データ改ざん他で内部告発しようものなら、法律の不備もあり、損をするだけの人生になってしまいます。裁判して、補償を勝ち取っても、その次の会社やその裁判費用等、黙認するのに比べて損になりますからね。会社で働いている人々からも馬鹿にされる事でしょう。それ同様、上司の命令には、絶対的に従う必要があります。けれども、その上司が、きちんとその上の上司の命令に従っているのかホウレンソウをちゃんと行っているのかは、末端部下には解からないのもまた事実なのです。だから、明らかにおかしいと思うような命令に対し説明を求めたり、異論を挟んだら、露骨なパワハラを行う上司がいました。上司の承認や稟議書等、その上司が認めないと仕事が進まないため、おかしいと思いながらも従うのですが、従ったにも関わらず、失敗を自分のせいにされたりします。また、酷い場合は、仕事を隠されたりします。本当に、この上司、何のためにいるのかと思うような上司でした。その上司の上司は、暴言を吐くし、ゴマすりに弱い方でして、誰も頼れないようなブラック職場を経験したことがあります。どうしようもない職場でした。本当に仕事が進まない職場でしたが、本当に問題がどうしようもなくなるまで何もしないというか上司から命令がないと前を切ろうとしない上司は、プライドだけが高く、パワハラ型の可能性が高いです。