残業できないってことは結局ブラック企業

最近、プレミアムフライデー、ワークライフバランスなるものが叫ばれています。
確かに仕事を早く切り上げ体を休める、家族サービスするにはもってこいです。
ですが、それによって仕事が進まないのも現実です。仕事が進まなかったらどうするか、残業する
しかありません。ところがワークライフバランスで残業の抑制をさせられています。残業すると
「あいつは決められた仕事を決められた期間にできない」と上司に見なされてしまう。残業できない
ので結局はサービス残業となってしまいます。必要な残業してるのに残業代を支払わないのはブラック企業の象徴ではないでしょうか。
実際私の会社でも、残業する際は前もって上司の許可が必要で許可が下りなければ正規の残業はできません。もっともサービス残業は別ですが。結局、皆、上司にいやな顔されるのがいやでサービス残業です。
政府の方針でワークライフバランスが推進されているようですが、生活するのにはある程度の残業代も必要です。政府の推進は企業の労務問題を増やしてブラック化を進めているとしか考えられません。